ことばの海で、ため息。

フリーランス2年目のつぶやき。

初めてのWebサイトをAdobe Museで作る②レスポンシブデザイン

前回の記事に載せたAdobe Muse公式サイトのチュートリアルは、Museのいくつかのアップデート前に用意されたもの。レスポンシブデザイン(ひとつのWebページでスマホ・タブレット・PC画面に柔軟に変化するデザイン)について触れていないため、一旦はPC向けに構築した上で、新たに以下のチュートリアルを参考にしながらスマホにも対応させました。

 

helpx.adobe.com

ただ、後から「最近はPCよりスマホでWebサイトを閲覧する人が多いのでは?」と気づき、「それなら最初からスマホ向けを意識して作ればよかった!」と、ちょこっと後悔しました。。なお、今回はタブレット向けレスポンシブデザインは実装していません。追い追い、ね・・・。

今回のチュートリアルは、アップデート(レスポンシブデザインに対応)後に新たに作られた動画のようです。ですから、前回のチュートリアルと同時進行でレスポンシブに!と思うと、ソフト内のツールや表示がちょこちょこ異なり余計にやこしくなるのでおすすめしません(体験談)。

 

***