ことばの海で、ため息。

フリーランス2年目のつぶやき。

フリーランスが、平均25歳の実力派ベンチャー企業を見学してみた

こんにちは。

フリーランスとしてグラフィックデザイン業や執筆業を営んでいる木村葵と申します。

三行で自己紹介をと言われたら

  • めがね
  • 左利き
  • ときどき東北弁

そんな感じの、平成元年生まれ・5人兄弟の長女です。

フリーになる前は、リクルートのトップパートナーと呼ばれる広告代理店で求人広告を制作していました。ちなみに今も委託という形で継続しています。

そんな私が、ベンチャー企業の株式会社ジラフ CEO 麻生輝明さんを取材させていただけることになるとは……。

つい最近も新たに1.3億円の資金調達を実施したという、飛ぶ鳥を落とす 走るライオンを蹴散らす勢いの実力派ベンチャーでございます。

事前にTwitterのDMでやりとりさせていただいたのですが、就活生でもない、しがないフリーランスが会社見学を希望するんですよ……興味本位で遊びにいくだけなんですよ……。それをOKしてくださった麻生さんは、どれだけ器が大きいのでしょうか。

そんなこんなで、27歳フリーランスによる興味本位の会社見学がはじまりました!

 

学生起業からスタートした株式会社ジラフ

f:id:aoi1989:20170316210801j:plain

写真の方が、今回取材させていただいた株式会社ジラフ CEO 麻生輝明さんです。

実際にお会いしてみても優しい人柄だと感じたのですが、学生起業されたくらいですから内に秘めたスゴイものがあるはず。きっと蒙古タンメン中本の北極ラーメンなんて朝飯前でしょう……。

 

株式会社ジラフの発端は、麻生さんが一橋大学在学中に始めた買取プラットフォーム「ヒカカク!」。モノの買取価格を比較できるサービスで、利用者数は月間100万人を超え、国内最大級を誇ります。

人々の「モノを買う」という活動は効率化されてきましたが、「モノを売る」という活動については未だ情報が整理されていません。断片的な情報をあるべき形で集約し、シェアすることで人々が潜在価値を再発見する、世の中の商取引を革新するサービスづくりをしています。

ー株式会社ジラフ コーポレートサイト(http://jiraffe.co.jp/)よりー

たしかに、価格.comといった「モノを買う」ときに価格を比較できるサービスはあっても、「モノを売る」ときに比較できるサービスって今までなかったような。

 

私も過去にiPhoneを売って後悔した経験がありまして。

ネットの情報を頼りに池袋駅西口のちいさく怪しげなお店(そもそもお店なのかも怪しい)へ行き、恐そうな兄チャンに査定(そもそもry)してもらったのですが、当初の予想よりはるかに安くて泣き寝入り……なんてことが。

売るときの相場価格なんて分からないですし、ましてやどこに売ったらいいのかも分からない……。

だからこそ、価格・業者をまとめて比較できる「ヒカカク!」はとてもありがたいのです。買取業者の口コミも投稿・閲覧できるから安心感だってある。ぜひ今後使わせてください!

hikakaku.com

自分にとっては要らないモノでも、ほかの誰かにとっては喉から手が出るほど欲しい宝物かもしれないーー。捨てるのを踏みとどまって、次の誰かへとプレゼントする。そんなモノの循環・ヒトの思考が当たり前になったら、とても素敵だと思います。

 

順調に事業拡大、オフィスもより大きな場所へ

f:id:aoi1989:20170316213121j:plain

ところで、麻生さんは現在も大学生である(※2017年3月13日時点)。

学生兼CEOなのです。なにそれかっこいい。年齢は24歳で、起業のための休学などを経て、晴れてこの春に卒業されます。

もともと起業を視野に入れて一橋大学 商学部へ入学した麻生さん。一方、入学直後の私はモンハンに全力を注いでいましたね。

2014年10月に合同会社ヒカカクを創業し、2015年4月には幅広い事業展開を見据えて株式会社ジラフへと組織変更。そして2017年2月、メンバーの増員にあわせて渋谷から西新宿へと拠点を移し、より大きなオフィスを構えました。

新オフィスは、地下鉄丸ノ内線「西新宿」駅より徒歩6分。メンバーの通勤のしやすさや、お取引先のエリアを考慮してこの立地を選ばれたそうです。

f:id:aoi1989:20170316213718j:plain

写真は移転したばかりの新オフィスの様子。「とりあえず端末が起動できる状況を確保ォ!!会議室スペースとかはこれからじゃー!」的な雰囲気がベンチャーぽい!みんなでつくりあげていくオフィスだからこそ、メンバーひとり一人の大切な居場所になっていくのでしょうね。

 

平均年齢25歳、みんなで未来を向く

今年に入ってから5名ほどメンバーが増え、従業員は現在20名。加えて外注の委託スタッフさんもいます。従業員の平均年齢は25歳。当然、24歳の麻生さんより歳上の方もいらっしゃり、よくいじられてるんだとか(笑)。

↑麻生さんのTwitter 麻生(エンジニア募集中) (@t_asof) | Twitter より

もはや麻生さんが株式会社ジラフのマスコット的存在なのでは……!

若い年齢層が活躍している&ベンチャー企業というだけあって、明るく活気のある社風が魅力的でした。

なお、エンジニアやセールスなど各職種ごとにフレキシブルな働き方をしているため、全員が顔をあわせられる機会は少ないのだそう。

それでも月末には締め会を開いて情報をシェアしたり、ご飯を食べながら気兼ねなく意見交換をしたり、チーム一丸となってより良い会社をつくっていこうとする気概を感じました。あぁ、そうか。顔を向き合わせるのではなく、全員で同じ方向を、未来を向いているんだなぁと。

 

学生も新卒・第二新卒も、まずは遊びにいってみて!

株式会社ジラフでは現在、学生インターンや新卒採用、第二新卒の中途採用、委託募集を行なっています。募集職種は【エンジニア】【マーケター】【メディアディレクター】【ライター】【事務】【幹部候補】。平たくいうと全部です。全部。

経験・スキルがあれば即戦力として前線でバリバリ活躍できますし、「基礎知識は学んだから、戦いの中で成長したいぜ!」という方も応募ウェルカムとのこと!

「まずは話だけでも聞きたい!」という方は、以下のWantedlyのリンクをお進みください。

www.wantedly.com

「ヒカカク!」に込められた「モノの潜在価値の再発見」をはじめ、企業理念「産業の可能性を顧客志向によって最大化する」に共感し、ベンチャー企業の一員として一緒に成長したい。そんな方を、株式会社ジラフのメンバー全員が社名通り“首を長くして”待っているはずです。

 

株式会社ジラフの概要はこちら

f:id:aoi1989:20170316231255j:plain

「ヒカカク!」のほかに、「iPhone水没したじゃ〜!今すぐ修理せねぇば……だどもどこさ頼めばええの?(唐突な東北訛り)」という時に便利な「最安修理.com」というサービスも運営しています。

詳しく知りたい方は、以下のコーポレートサイトをご覧くださいね。

jiraffe.co.jp

トップページに表示される東京の移りゆく街並みは、眺めていると「モノがめぐりめぐる社会」「モノの価値とは」を考えさせてくれます。

 

 

* * * * *

 

 

これで私の会社見学はおしまい。

フリーランスの私にとって、久しぶりの会社はちょっぴり(かなり)緊張しましたが、みなさん気さくに挨拶してくれて、麻生さんのお話も興味深くって……本当、行ってよかったなぁ〜〜と帰りの電車でかみしめていました。

ちなみに、お伺いする直前、服装に悩んだ私は「社名に従ってキリン色で行けば馴染めるよね……。」と、黄色いカーディガンに黄色いミモレ丈スカートを選択。サバンナなら即刻見つかって捕食されそうな姿で訪問しました。

会社の方々も自由な私服姿でしたが、至って普通でしたよ。黄色ではなかった。ご参考までに!

おいしいコーヒーの抽出温度を考える

f:id:aoi1989:20170307151535j:plain

久しぶりのブログ更新は、わたしにとってお仕事にも休息にも欠かせないコーヒー抽出温度についてです。

続きを読む

フリーランスとして、こんなことしてます。

f:id:aoi1989:20160929191020j:plain

ひとつ前の記事「フリーランス1年とちょっとにして、名刺を1日とちょっとで作った話。」の一部を、新たな記事としてこちらに移動&加筆しました!自分のお仕事内容をふりかえって、どんなことをしているか書きます。

続きを読む

フリーランス1年とちょっとにして、名刺を1日とちょっとで作った話。

 

f:id:aoi1989:20160922170740j:plain

私がフリーランスになったのは2015年7月。それから1年とちょっと経った2016年9月。名刺ほしいな、と思って1日とちょっとで手元に名刺が届きました。というメモ。

 

続きを読む

赤ワインでコトコト、りんごのコンポート。

https://www.instagram.com/p/BKpiagzD-rV/

赤ワイン消費レシピ「りんごのコンポート」です。あまったシロップは、お湯割り+生姜の「アップルジンジャー」にして飲みました

赤ワインを買っておうちで一人飲みをすると、まず飲みきれないんです。

だからりんごのコンポートにしました。とっても簡単。

続きを読む

シン・ゴジラは、現実を突き付けるフィクション。※ネタバレ有

f:id:aoi1989:20160919231934p:plain

続きを読む

ヤマザキビスケットの「ルヴァン」を食べたくて、経緯をおさらいしました。

f:id:aoi1989:20160908200050j:plain

2016年2月、「オレオやリッツが二度と買えなくなる!?」「沢口靖子さん、リッツパーティーできなくなっちゃうよ!」などと話題になりました。しかし、そんなことはありませんのでご安心を。その後の経緯をざっくりまとめてみました。

続きを読む